ゲオ(2681)の株主優待が改善されレンタル半額とセカンドストリート2,000円券に!

皆さんは、DVDのレンタルはどちらのお店でされていますか?

今の時代、ネットでもドラマや映画が見られるサービスも定着してきているので、レンタルされる方は少なくなってきているのかもしれませんね。

私はというと、もちろんAmazonプライムの会員ですので、プライムビデオでも見ていますが、見たいものが配信されていない場合もあります。

Amazonプライム会員はお得ですよ。詳細はこちら

Amazonプライムは送料無料だけじゃない。会員が使える特典をざっくりと説明

ゲオの株は数年以上も前から所持していて、ずっと優待の恩恵を受けているので、ご紹介いたします。

ゲオホールディングス(2681)の株主優待の内容

なんと、2018年からゲオの株主優待の内容が改善されることになりました。株主優待の変更となると、多くの企業はだいたいが改悪(今までより悪くなる)のパターンが多いように感じていたのですが、今回は改善(さらによくなる)パターンです。

ゲオ、ナイスって感じです。

メモの意味合いも込めて、変更の前後を記しておきます。

ちなみに、保有株式数は100株以上で全て同じ内容です。

ゲオの株主優待の変更前

基準日:9月30日、3月31日(年2回)

優待内容:以下のいずれかを選択

  1. メディア点優待→レンタル半額(半年有効)
  2. リユース店優待→割引券2,000円

コメント:GEOでレンタルをする人は、レンタル半額(半年有効)を年2回なので、実質1年間がレンタル半額になります。セカンドストリートで買い物をする人は、割引券2,000円を年2回なので割引券4,000円になります。

ゲオの株主優待の変更後(2018年以降)

※年2回は変わらないが、それぞれで内容を変更したようです。

基準日:9月30日(株を継続して1年以上保有している必要あり)

優待内容:メディア店優待→レンタル半額(1年間有効)

※割引限度額100万円が新たに設定された。

基準日:3月31日

優待内容:リユース店優待→割引券2,000円(翌年5月31日まで)

変更で得する人

元々、長期保有で株を1年以上持っていて、今までの優待でGEOのレンタル半額をずっと選んでいた人は得する人になります。

今までどおりのレンタル半額に加えて、リユース店の割引券2,000円が貰えることになるからです。

変更で損する人

今まで、リユース店の割引券をもらっていた人は損する人になります。

リユース店の割引券が年間で計算すると、4,000円から2,000円になるからです。

しかし、その代わりに、株を1年以上保有していればGEOのレンタル半額が1年間ついてくるので、GEOを利用できる環境であれば損する人から得する人になれるでしょう。

ゲオホールディングス(2681)はおすすめ

GEOを普段から利用することが多い方にとっては、この株主優待の内容はかなりおいしいです。私も頻繁に利用させてもらっています。

また、リユース店優待が使えるお店ですが、セカンドストリートのほか、スーパーセカンドストリート、ジャンブルストアでも使えるようです。

ゲオユーザーの方は是非一度ご検討くださいね。