コメダHD(3543)の株主優待を使ってみたレビュー。モーニングがおすすめ

株主優待が目当てで、持っている株の一つにコメダホールディングス(3543)があります。

株主優待というと、本来は株主へのお礼的な意味合いであくまで「おまけ」という位置付けなのですが、各企業の株主優待は様々なものがあります。

以前はキーコーヒーをご紹介しました。

キーコーヒー(2594)の株主優待は、コーヒー好きにおすすめの中身を公開。写真付きでご報告します!

今回は、コメダ珈琲のコメダホールディングス。株主優待は電子マネーで、使ってみましたのでご紹介します。

コメダ珈琲(3543)の株主優待について

コメダ(3543)の権利確定はいつ?

コメダの優待は、年2回もあるので気に入っています。

毎年2月末と8月末が権利確定となります。

ちなみに、今回ご紹介するのは2017年8月分の株主優待の中身です。(とは言っても、年2回とも同じなんですけどね。)

株の所有数と株主優待内容

100株:1,000円相当

100株以上を所持していれば、どれだけ株を所持していても同じです。私はもちろん100株しか所持していません。

それでも、半年に1回1,000円相当の電子マネーが貰えるので、1年で2,000円相当ということになります。ありがたいですね。

2017年8月権利確定の100株の株主優待

到着日は2017年の末だったと思います。(記憶があやふや)

この「KOMECA(コメカ)」というカードに電子マネーとして1,000円が入ったものが届きました。これを使えばコメダ珈琲で1,000円分飲食ができるということになります。

※カードは初回のみ送られるそうで、次回以降はこの届いたカードにチャージされる仕組みのようです。くれぐれも使って残高0円になったからといって捨ててしまわないように注意しないといけませんね。

コメダ(3543)株主優待をコメダ珈琲で使ってみた

コメダ珈琲って近くにお店がないので、なかなか行く機会がなかったのですが、株主優待があるので、行ってみました。

コメダ珈琲はモーニングのサービスが半端ない

これが私がお店で頼んだものの写真です。

右がブレンドコーヒー。

左がトーストとタマゴ(ランチパックのタマゴの中に入っているようなもの)。

これって実は、お金を払うのはコーヒーだけなんですよ。

左のトーストとかはサービスなんです。つまり無料です。

モーニング限定なのですが、好きなドリンクを頼むとついてくるんです!

私はBの「手作りたまごペースト」を選びましたが、「ゆでたまご」や「おぐらあん」なんかもえらべます。

さらに、トーストに塗るのは「バター」か「ジャム」かも選ばせてくれました。

モーニング半端ないって!!

(ワールドカップに便乗してすみません)

トーストが無料の分、ドリンクが高いのでは?と思ってしまいがちですが

私が頼んだブレンドコーヒーは440円でした。

つまり、440円でコーヒーとトーストのセットが食べられたんです。

メニューの一部しか写真に写していませんが、どのドリンクメニューも他の喫茶店と同じくらいか安い金額設定になっていました。

コメダ珈琲は行ったことがなかったので、なんとなく高そうなイメージを持っていましたが、全くの誤解でした。今後はもっと利用させてもらおう!

コメダ珈琲の株主優待の使い方は簡単

コメダ珈琲の株主優待「コメカ」の使い方はめちゃくちゃ簡単です。

お会計の時に、お金の代わりにコメカを出すだけです。

代金がコメカの残高以内ならそれだけでOK。

残高が足りない場合は、追加でお金を払うだけ。

コメダ珈琲おすすめです。

私ももっと頻繁に行くことになりそうです。