しゃべる金のキョロちゃん缶をようやくGET!中身を大公開(ネタバレ注意)

森永のチョコボールって誰もが知っているお菓子の一つですよね。そして、箱の黄色いくちばしの部分についている「金のエンゼル」または「銀のエンゼル」を集めると「おもちゃのカンズメ」が貰えるのも有名です。

そして、今ではチョコボール50周年を記念して特別なおもちゃのカンズメを貰えることができます。テレビCMでも一時流れていたので、ご存知の方も多いと思いますが、今回ようやく「銀のエンゼル」が貯まったので、応募して入手できたので紹介します。

おもちゃのカンズメを入手するまでの手順

まずは、チョコボールを購入しましょう。全てはそこから始まります。駄菓子屋はもちろん、コンビニ、スーパーなど、ほとんどのお店で置いてあります。置いていないお店の方が珍しいくらいです。

チョコボールの箱の黄色いくちばしの部分を確認しましょう。当たりの場合は、「金のエンゼル」または「銀のエンゼル」が描かれています。「金のエンゼル」の場合は1枚、「銀のエンゼル」の場合は5枚集めます。(荒技ですが、ネットオークションやフリマアプリでも入手可能です。ちなみに、私は自力で集めましたよ!)

そして、はがきや封書で「エンゼル」を必要枚数張り付けて、応募します。

おもちゃのカンズメの応募先

【送り先】〒110-8691日本郵便上野支店私書箱123号カンヅメ係

【記入事項】住所・氏名・年齢・性別・電話番号

※しゃべる金のキョロちゃん缶を希望の場合は、必ずそのことを記入しましょう!記入がなければ、通常のおもちゃのカンズメが送られてくる可能性があります。

1ヶ月程度して、忘れた頃に送られてきます。

50周年記念「金のキョロちゃん缶」の中身

この箱に送り先のラベルが貼られて、この箱のまま届きます。配達員の方も一目でキョロちゃんだとわかるはずです。受け取る時にちょっと恥ずかしい思いをするかもしれません。笑

箱の中に入っているものはこんな感じでした。一つ一つ見ていきましょう。

しゃべる金のキョロちゃん

まずは、この神々しい見た目をご覧ください。これでもかというくらいの金色です。これを部屋に飾っておけば金運アップしそうです。

そして、この金のキョロちゃんはしゃべります!くちばしをなでる(仕組み的にはくちばしを押す)、抱きしめる(仕組み的にはくちばしを2秒以上長押し)と、それぞれ違う言葉をしゃべるようです。しゃべるパターンも多数収録されているみたいで、毎回違うことをしゃべってくれます。

声はキョロちゃんの声って感じです。明るく元気にしゃべってくれます。(音量調整の機能はなさそうです。)

缶の中には、もちろんおもちゃも入っていますよ。おもちゃのカンズメですからね。全部で4つ入っていました。

  • キョロちゃん定規
  • キョロちゃんけん玉
  • 魔法のチョコボールボックス(手品)
  • コロコロキョロちゃんゲーム

キョロちゃん定規

キョロちゃんの形をした定規です。これをなぞれば、簡単にキョロちゃんがかけそうです。ただ、定規にしては横幅が大きいので筆箱には入りそうにありません。

キョロちゃんけん玉

玉の部分がチョコボール、持つところがキョロちゃんのけん玉です。くちばし、あし、あたま、3カ所に入れられるようになっています。あたまに入れるのは結構難しいです。

魔法のチョコボールボックス

箱にキョロちゃんのメダルを入れて閉めて、再び開けたらメダルがなくなるという手品です。お子さんがマスターしたら驚いてあげてください。

コロコロキョロちゃんゲーム

楕円形のボールを真ん中の穴に入れるというゲーム。想像以上に難しいです。(私が不器用なだけ?かもしれません。)

金のキョロちゃんのまとめ

おもちゃのカンズメを入手するまで、長い年月がかかりました。(5年くらい前から地道に「銀のエンゼル」を集め続けていたので…笑)しかし、そのおかげで、このような素晴らしい金のキョロちゃんを手中に収めることができました。

皆さんも諦めなければ、遅かれ早かれ必ず夢はかなうはずです。金のキョロちゃんのためにも、前を向いて生きていきましょう!(期間限定みたいですので、どうしても欲しい人はスピード感を持って頑張りましょう!)

コメント