【パワプロ2018】栄冠ナイン育成日記1。阪神OB坪井智哉選手ビフォーアフター

プレイ日記を書いていた20年目以降も栄冠ナインをプレイしています。

栄冠ナインの楽しみと言えば、やっぱり転生OBや転生プロですよね。私も毎年の入学式が楽しみでプレイしているようなものです。

そこで、入学時から卒業してプロ入り時までのビフォーアフターをご紹介していきます。

転生OBの坪井智哉選手の育成日記

坪井智哉選手の実績や特徴

左投左打の巧打型の外野手。

バッティングフォームは振り子打法。

阪神タイガースにドラフト4位で入団。

ルーキーイヤーの1998年は坪井選手を含むセ・リーグの新人王争いのレベルが高く今でも印象に残っています。川上(中日)、高橋由(巨人)、坪井(阪神)、小林(広島)の誰が新人王を取るのかメディアでもかなり注目されていました。結果的には、川上(中日)が取得しました。

その後、日本ハム、オリックスと渡り歩く。

2018年現在は、横浜の打撃コーチとなっている。

栄冠ナイン坪井智哉選手の入学時(ビフォー)

これが入部時の能力です。

特殊能力「アベレージヒッター」や「内野安打〇」なんかはさすがですね。ミートは以外にも54のDしかありません。その他の能力も低めに設定されていますね。

特殊能力以外の能力はほとんどモブと同じレベルです。

★183しかないのは、転生OBとしてはもうちょっと欲しいところ。

坪井選手の現役時代(特にルーキーイヤー)はよく試合も見ていて、好きな選手だったので、この栄冠ナインで一流の選手に育ててみようと思わせてくれる選手でした。

栄冠ナイン坪井智哉選手のプロ入り時(アフター)

そして、3年間育てた坪井選手がこちら。

坪井選手が在籍していた時期は、公式戦全勝することができたので、かなり育てることができました。

1年夏はベンチ入りで代打と守備のみ出場、1年秋以降はレギュラーとしてフルイニング出場させました。(1年夏からレギュラー起用していれば、もっと育てられたかもと思いますが、なんせ初期能力が低かったので仕方ないかな)

ちなみに、走力がMAXの100まで育てることができたので、アイテムの本を使って走塁系の特殊能力「盗塁A」と「走塁B」を取得させました。

最後はミートも100を目指しましたが、残念ながら93で終わってしまいました。その後にアイテムの「ミート成長バット極」を使ってミートをプラス5にして、98まで上げました。

個人的には、パワーはBでよかったからその分をミートにしていればよかったと少し後悔しています。でも、結果的にはかなり満足しています。

細かいことですが、ドラフト指名された球団は確か違う球団でしたが、今は横浜のコーチをされているので横浜に変更しました。

今後も、有名な選手や天才肌の選手の育成日記をする予定です。

お楽しみに!!

こちらの攻略記事もよく読まれています。

【パワプロ2018】栄冠ナインの攻略情報。名門校や強豪校を維持する方法!

【パワプロ2018】栄冠ナインの攻略情報2。知っておきたい隠しイベントマスの日付と効果!

【パワプロ2018】栄冠ナインの攻略情報3。裏技ではないけど効果大!引き分け再試合