DAZNの無料お試し体験に登録してみた。簡単ですぐ見れたので手順を説明。

さて、プロ野球ファンにとっては、気になる存在のDAZNってありますよね。プロ野球中継を見ていると必ずといっていいほど間のCMで流れるアレです。でも、テレビで野球中継が放送される機械って減ってきていますよね。

最近のテレビのプロ野球中継で思うこと。ストレスがたまる不満点はこれ!

という訳で、救世主?のDAZNに登録してみました。

ちなみに、登録は超簡単で、わずか2~3分でサクッとできましたので、面倒くさがりの方にもおすすめですよ。

DAZN(ダゾーン)について

DAZNとは、イギリスにあるパフォーム社が運営している動画配信サービスです。海外のサービスですが、もちろん日本語対応しています。

動画配信の内容は、スポーツ中継に特化されています。日本のプロ野球はもちろん、メジャーリーグも見れます。その他のサッカーやボクシングなど、いろいろなジャンルのスポーツが見ることができます。

そんな、DAZNは有料サービスなのですが、1ヶ月間無料のお試し期間があります。

DAZN(ダゾーン)の無料お試しの登録方法

登録さえすれば、1ヶ月間は無料で見ることができます。

「タダほど怖いものはない」という言葉もありますが、DAZNは今や有名なサービスで安心感もあるので、登録してみることにしました。

以下はその際の手順を紹介します。

  1. DAZNのページへアクセス
  2. アカウントの作成
  3. 視聴を開始

1.DAZNのページへアクセス

これは、検索すればすぐ出てきますので、ここでつまづくことはないと思いますが、参考までにURLはこちらです。

https://watch.dazn.com/ja-JP/sports/

そして、画面左側にある、「1ヶ月お試し¥0かんたん申込」というボタンをクリックすれば、画面が切り替わります。

2.アカウントの作成

そして、アカウントの作成となります。下の画像がその入力画面です。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード再入力
  • ニュースのメール配信の有無をチェック

本当に必要最低限の情報だけっていう感じですね。そして、次のページへ移ります。

このページでは、お支払い情報の入力です。無料でお試しのはずでは?と疑問に思う方もいると思いますが、無料期間中に退会しなかったら、引き続き有料会員となるので、お支払い情報も必要になるのです。

下の画像がその画面なのです。

どこに入力するの?と少し迷いましたが、「クレジット/デビットカード」と書いてある左の「>」記号をポチっとクリックすれば、入力箇所が下の画像のように出てきます。

  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

全て、クレジットカードを見れば書いてあります。ちなみに、セキュリティコードとは、カード裏面の署名欄の右に書いてある3ケタの数字です。

そして、これらを入力し、下にある「視聴を開始する」ボタンを押すと、こうなります。ちなみに、クレジットカード情報の確認をしているのか、少しだけ時間がかかります。

そして、でました「登録が完了しました」の文字。

ここに、無料視聴期間がいつまでなのかも書いてありますので、無料期間だけでやめる方は、注意しておきましょう。

そして、「視聴を開始」を押すと、ついにスポーツ中継が見られるようになりました。

3.視聴を開始

いろいろなスポーツのジャンルがありますが、私の目的である野球を選んでみたところ、こんな感じです。

  • ライブ中
  • 見逃し配信
  • まもなく配信

の項目があります。今日は連勝街道一直線の横浜ベイスターズの試合を見てみました。ライブ配信ということもあり、たまにクルクル(ロード中にでてくるアレです)がでて止まってしまうことも数回ありましたが、画質などは問題なく見られるレベルです。

ちなみに、私が見たせい?でジャイアンツに敗れてベイスターズの連勝は止まりました。

明日は、大谷選手が先発ピッチャーで出場する、レッドソックスとエンジェルスの試合がある予定なのですが、「まもなく配信」のところにバッチリその試合がありますね。

1ヶ月無料お試しをさらにお得にする方法もある

今回は、DAZNの1ヶ月無料お試しの登録方法を紹介しました。が、DAZNのお試しをするにあたり、少し調べたところ上記の手順にもうひと手間かけるだけで、お得にする方法がわかったのです。

無料なのに、さらにお得ってどういうこと?と思うかもしれませんが、気になる方は次の記事もご覧いただければと思います。