サッカーW杯ロシア大会の日本代表ユニホームの名前の文字フォントのクセがすごい!

いよいよ開幕するFIFAワールドカップ2018ロシア大会。日本代表には頑張ってもらいたいですが、新ユニホームが少し気になっている方も多いのではないでしょうか?

日本代表のテレビ中継はこちらで確認できます。

開幕直前サッカーワールドカップの日本代表のテレビ放送とロシアとの時差は?

2018日本代表のユニホームの字体はなに?


結論からいうと、調べてみてもこの特徴的な字体ははっきりわかりませんでした。

ただ、この字体は縦線と横線だけで構成されているようです。つまり、斜めの線を使っていないということになります。

なので、香川(KAGAWA)選手の「K」の文字が少し違和感があったんですね。

日本代表ユニホームの背番号も違和感あり

これは乾(INUI)選手のユニホームです。名前の「N]の文字も少し違和感がありますね。というより「I」とのバランスが少しおかしいのかな?

それよりも気になってしまうのが数字です。わからないこともないですが「14」です。

この数字も文字と同じく、縦線と横線のみで構成されていることがわかりますね。個人的には「4」の縦線をもう少し長くしてくれた方が好きです。(私が最新のデザインについていけていないだけかもしれません。)

ユニホームの「K」の文字が小文字に見える選手たち

背番号7番の柴崎(SHIBASAKI)選手

ヤットさんの背番号を引き継いだ実力者!

背番号10番の香川(KAGAWA)選手

日本代表の10番!大活躍して欲しい!

大迫(OSAKO)選手

高校時代から決定力抜群!日本代表でもゴール決めて!

背番号18番の中島選手

「M」の文字も少し違和感ありですね。

背番号20の槙野(MAKINO)選手

名前は「ともあき」。本田は知らなかったらしい。

この他にも、思いつくだけでも岡崎(OKAZAKI)選手や、川島(KAWASHIMA)選手などもいますね。

ユニホーム前面の縦の点線の意味は?

字体もそうですが、正面から見たときに縦の点線も気になりますよね。

この点線には「歴史を紡ぐ」という深い意味が込められているそう。でも、この点線がなんか個人的には好きじゃないですね。

どうせなら、実線の方がよかったかも?といか縦の線自体がない方がスッキリしてよかったかなぁ。

ユニホームよりも大事なこと

言うまでもありませんが、ユニホームよりも大事なのは試合で勝つことです。

いや、勝たなくてもいいんです。勝ち点を稼いでグループで上位2チームに入ってほしい。(まぁ勝たないと無理ですが…。)そして、とりあえずは決勝トーナメントに進出して夢を見させて欲しい。

がんばれニッポン!!

こちらの記事もどうぞ

開幕直前サッカーワールドカップの日本代表のテレビ放送とロシアとの時差は?