ビックカメラ(3048)株主優待が到着。長期保有でお買い物優待券が追加で貰える

株主優待が目当てで、持っている株の一つにビックカメラ(3048)があります。

ビックカメラはご存知のとおり、家電量販店です。もはや説明不要でしょう。

株主優待というと、本来は株主へのお礼的な意味合いであくまで「おまけ」という位置付けなのですが、各企業の株主優待は様々なものがあります。色々な企業の株主優待を紹介していますので、よろしければ他の記事もご覧いただければ幸いです。

今回は、ビックカメラの2018年の株主優待の中身をご紹介いたします。

ビックカメラ(3048)の株主優待について

ビックカメラ(3048)の権利確定はいつ?

ビックカメラの株主優待は年2回となっています。

毎年2月末と8月末が権利確定となります。

今回ご紹介するのは2018年8月分の株主優待の中身です。

株の所有数によって株主優待が異なる

優待券(1000円券)が以下のとおりの枚数貰えます。

 

≪8月末基準≫

100株以上500株未満:1枚(1年以上で+1枚、2年以上で+2枚)

500株以上1000株未満:2枚(1年以上で+1枚、2年以上で+2枚)

1000株以上10000株未満:5枚(1年以上で+1枚、2年以上で+2枚)

10000株以上:25枚(1年以上で+1枚、2年以上で+2枚)

 

このように、4段階となっています。

ちなみに2月末基準は少し異なります。参考までに掲載します。

 

≪2月末基準≫

100株以上500株未満:2枚

500株以上1000株未満:3枚

1000株以上10000株未満:5枚

10000株以上:25枚

 

2018年8月権利確定の100株の株主優待の中身

到着は2018年11月下旬でした。

中身は優待券3枚です。(通常分が1枚+長期保有が+2枚)

ビックカメラ・ソフマップ・コジマの各店舗で利用できます。

(ビックカメラとソフマップはネットショップでも利用可)

 

こちらの優待券は普通に金券として使えます。

ヤマダ電機の優待券は少し条件があります。

ヤマダ電機(9831)株主優待はお買い物優待券500円でお得に買い物できてありがたい
ヤマダ電機(9831)の株主優待は2018年分も優待券で、おすすめの使い方などもご報告。

 

金券はありがたいです本当に!

ビックカメラ(3048)株の特徴やコメント

ビックカメラの株価についてですが、ここ1年は1400円から1900円台までと結構な値動きがある株なので買い時が難しいイメージです。ここ最近(2018年11月時点)は1400円くらいまで落ちてきているので、買い時かも?(あくまで投資は自己責任でお願いします。)

 

ビックカメラの株主優待を目当てにするなら保有株数は100株がおすすめです。上記にもあるように、保有数と優待金額が比例しないからです。100株を長期保有(できれば2年以上)すれば、私の上の写真のように8月分だけで3000円分の優待券をGETできます。

欲しい家電を買うもよし。日用品を買うもよし。

ありがたい優待ですよ。

コメント