赤ちゃんが寝ている時の手がめちゃくちゃ冷たいけど大丈夫?

眠っているかわいい赤ちゃんの手を握ろうとして、驚いたことはありませんか?赤ちゃんの手が驚くほど冷たいのです。きっと初めての赤ちゃんを育児している時には、だれもが経験することでしょう。

果たして、そのまま放っておいて大丈夫なのでしょうか?心配になったので、少し調べてみました。

そもそもなぜ布団から手を出すの?

赤ちゃんって、バンザイして布団から手を出して寝ていることが多いですよね。そのせいで、手が冷え切ってしまってるのではないかと心配になってしまいます。

ただ、この手には重要な役割があったのです。手を使って体温調節をしているのです。冬場は特にあたたかい服を着せてあげることが多いですが、その上にさらにあたたかい布団がかかると、高温状態になってしまいます。

赤ちゃんはまだ、体温調節が上手にできず、汗をかくことも未熟です。そこで、一役買っているのが、布団から出した手だったのです。

足が冷たい場合は?

足も手と同様に、体温調整をする機能を担っています。寝るときの靴下は履かせる必要はありません。ただし、さすがに布団から足を出しているような場合には、布団くらいはかけてあげてもよいでしょう。

あまりにも心配な時は?

手が冷たすぎて、心配でどうしようもないという時は、体温をチェックしてみましょう。体温計を使わなくても、胴体部分(お腹や背中など)を触ってみてください。

体が温かければ、問題ありません。手による体温調整が上手くできているんだと安心してください。

もし、汗をかいているようだと、手で体温調整しきれていないようです。布団を薄いものにするか、厚着しているのであれば、服を一枚脱がしてあげましょう。

手が冷たくてもこれはNG

手が冷たいと、寒くてかわいそうだからといって、さらに厚着をさせるのはよくありません。ミトン(手袋)も寝ている時には不要です。

冷たい手を布団の中に入れてあげたくなりますが、その必要もありません。あまりに寝室が寒い場合は、室温を上げて調節するようにしましょう。

冬場の室温調整は要注意!

冬場の室温調整といえば、エアコンの暖房のケースが多いですが、暖かい空気は部屋の上に集まっていきます。つまり、大人が生活している(立っていたり、椅子に座っていたり)時に温かいと感じていても、赤ちゃんの寝ている低い位置では寒く感じる場合があります。

室内温度を部屋の上部と下部ともに一定の温度を保つことが望ましいといえます。そういう時に、便利なグッズとして空気を循環させる「サーキュレーター」というものがあります。

サーキュレーターの併用でエアコン代は節約になる?暖房と冷房で違う風向き

こちらの記事で取り上げていますので、よろしければ参考にしてください。